法律Q&A Question&Answer | 弁護士法人 おおたか総合法律事務所 (OTAKA Law Office)

〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-4
アコード新宿ビル9階

営業時間:
月〜金(9:30〜18:30)
土日法律相談可(要予約)

Tel: 03-6273-1490
Fax: 03-6273-1491

【労働問題】人件費削減の為に人員整理(リストラ)が必要に。試用期間中の社員の本採用を取りやめることはできますか?

2012. 07. 11
【Q.質問】 会社の業績が悪化し、人件費削減の為に人員整理(リストラ)が必要になりました。 ちょうど試用期間中の社員がいるのですが、試用期間満了を理由に本採用を取りやめることはできますか。 【A.回答】 原則的にはできません。 どうしても本採用が難しければ、適切な手続きを踏むことが必要です。 【解説】 正社員を雇用するにあたって、最初の3か月?6か月を「試用期間」とすることは一般によくおこなわれており、この期間はアルバイトと同じ「有期雇用」と解釈している経営者の方も散見されます。しかし、判例上試用期間は、「期限の定めのない労働契約において、解約権が留保されているもの」つまり「正社員として雇うけ

【海外進出支援】中国人の企業家に合弁企業の設立を持ちかけられました。この話に乗ってよいものでしょうか?

2012. 07. 11
【Q.質問】 知人の紹介で中国人の企業家と知り合いになり、合弁企業の設立を持ちかけられました。以前から中国進出を考えていたのですが、この話に乗ってよいものでしょうか。 【A.回答】 中国の状況も刻一刻と変わっています。複数の選択肢を、よく検討して決めましょう。 【解説】 中国に会社を設立して進出する場合、設立する会社の形態としては、独資企業、合弁企業、合作企業の3形態が考えられます。おおざっぱにいうと、独資企業は日本企業単独での会社設立、合弁企業は中国企業との共同出資による会社設立、合作企業は土地・特許などの出資以外の手段による共同での会社設立となります。 従来中国への進出は現地資本の協力が不

【一般民事】飼い犬が通行人に怪我をさせてしまった...法的責任は?

2012. 07. 09
【Q.質問】 飼い犬が散歩中に通行人に怪我をさせてしまいました。 飼い主はどのような法的責任を問われるのでしょうか。 【A.回答】 民法718条1項の「動物の占有者」として、損害賠償責任を負う可能性があります。 【解説】 民法718条1項本文は、「動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。」と定めています。 一般論としては、犬の飼い主は、飼い犬が散歩中に通行人に噛みつくなどして怪我をさせた場合、この条文の適用により、当該通行人に損害賠償をする責任を負うことになります。 しかし、必ず責任を負わなければならないわけではありません。 民法718条1項但書は、「ただし、動

【離婚】将来の退職金は財産分与の対象になりますか?

2012. 05. 18
【Q.質問】 離婚の際、将来の退職金は財産分与の対象になるのでしょうか。 【A.回答】 対象となる可能性があります。 【解説】 退職金は、夫又は妻の勤務先の退職金規定により、支給の有無や額が決まります。 離婚の際には支給の有無や額が不確実であることから、財産分与の対象とならないとの考え方もあります。 一方、退職金が賃金の後払い的性格を有することを考慮して、夫婦の協力により獲得した賃金に対応する部分について、財産分与の対象とすべきとの考え方もあります。 この点について、裁判例では、将来の退職金を財産分与の対象とすることを認めているものがあります(東京家裁平成22年6月23日審判など)。 退職金を
前の5件 1  2  3  4  5