取り扱い業務

当事務所では、遺言、遺産分割、遺留分減殺請求のほか、
相続に関する各種問題を取り扱っております。

些細なことでも結構ですので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。
遺言信託
当事者間では話はまとまらない場合に、弁護士が代理人として、他の相続人の方の話し合いを行います。それでも話が纏まらない場合には、調停・裁判手続に移行します。→遺言信託・遺言書作成
遺産分割(任意交渉・調停・審判・裁判)
当事者間では話し合いができない場合に、弁護士が代理人として、他の相続人の方と話し合いを行います(任意交渉)。それでも話がまとまらない場合には、裁判所における調停・審判・裁判の手続を行います。
遺留分減殺請求(任意交渉・調停・裁判)
特定の相続人の方に全ての財産を相続させる旨の遺言がある場合であっても、他の相続人の方は、本来の相続分の2分の1まで、遺留分として財産を取得することができます。 遺産分割の場合と同じように、任意交渉で話がまとまらない場合には、裁判所における調停・裁判の手続を行います。
遺言無効確認請求(裁判)
遺言がある場合に、その遺言が無効であることの確認の求める手続です。
任意交渉において、受遺者(遺言により財産を取得することになる方)が無効であることを認めることは基本的にないので、裁判所における裁判手続を行います。
使途不明金の返還請求(裁判)
被相続人の生存中、特定の相続人が被相続人の預貯金等を無断で出金していた場合に、その返還を求める手続です。
話し合いがまとまらない場合には、不当利得返還請求訴訟という裁判手続を行うことになります。
資産承継プランニング・事業承継
資産承継プランニングとは、お客様の現在お持ちの資産の現状分析を行い、次世代にスムーズかつ低コストで資産を承継して頂くための、計画作りをサポートするサービスです。具体的には、どの財産を・誰に・どのタイミングで承継させるのかという点につき、法務・税務の両面から、お客様に最適のプランをオーダーメイドで提案し、これを実行していくものです。 また、経営権・株式・会社資産などの譲渡・承継といった事業承継に関するご相談も受け付けております。
その他相続に関する手続
相続放棄、特別代理人の選任、相続財産管理人の選任等各種相続関係の手続を取り扱っています。
電話でのご予約
お問い合わせフォーム