*就労中の怪我・病気について

就労中の怪我や病気、その結果としての後遺症や死亡のことを労働災害といいます。通常は省略して「労災」と呼ばれます。就労中とは、会社で作業している時間だけでなく、作業の準備・後片付けの時間や出張している時間も含みます。休憩時間でも、一定の場合に労災となります。また通勤中の怪我や病気についても、労災であると認定され、労災保険から給付を受けられる場合があります。


さらに、就労中の怪我や病気のため仕事を休んでいる期間及びその後30日間は、会社は、労働基準法によって、労働者を解雇することができません。ただし、通勤中の怪我や病気で仕事を休んでいる場合は、会社にこのような規制はなされてないため注意してください。

*就労中の怪我・病気を認めさせ、労災保険制度を適用させよう

就労中の怪我や病気をした場合には、会社を管轄している労働基準監督署に労災申請をします。労災申請により、労働基準監督署は、その怪我や病気が労災にあたるかどうかを判断し、労災であると判断すれば、労災認定を行います。労災認定されれば、労災保険制度が適用され、一定の給付を受けることが出来ます。なお、労災保険制度とは、業務上の事由または通勤による労働者の負傷、疾病、傷害または死亡等について保険給付を行う制度です。


労災申請にあたっては、会社から「うちは労災に入ってないから支給されない」などと言われるケースがありますが、会社が1人でも労働者を雇用している場合には労災保険は強制加入となるため、会社が手続をしていなくても、労災保険を使うことができます。また、会社が申請に協力してくれない場合でも、労災申請をして保険給付を請求できる場合があります。


労災認定をめぐって問題となりやすいのは、休憩時間や接待のときなど就労中であるといえるか判断に迷うときの怪我や、うつ病など業務との関係が見えにくい病気が、業務によって生じたものといえるかどうかです。労災申請をしても、労働基準監督署から労災認定がおりない場合がありますが、この場合でも不服申立や訴訟によって労災と認定される可能性があります。


就労中の怪我・病気について争っているような場合は、ぜひ一度、当事務所へご相談ください。