*過労死とは、

過労死とは、長時間労働や、納期や上司からのプレッシャーによるストレスなど、業務が原因で、脳出血・くも膜下出血・心筋梗塞・虚血性心疾患などの脳や心臓の疾患が引き起こされ、その結果死亡してしまうことです。


また、長時間労働や仕事上のストレスなど業務が原因で、鬱病などの精神疾患になり、その精神疾患により自殺した場合も、過労死となります。

*過労死問題を解決しよう

過労死は、労働災害の一種です。そのため、その労働者の死亡が過労死であると労働基準監督署から認定された場合、労災保険制度が適用となり、一定の保険給付を受けることができます。


過労死が認められるためには、死亡の原因である脳・心臓の疾患や、自殺の原因となった鬱病などの精神疾患が、業務によって生じたことを立証する必要があります。連勤が続いていたことや長時間労働をしていたこと、精神的な面で大きな負担がなかったかどうかなどを客観的に判断し、脳・心臓の疾患や精神疾患を引き起こすほどに、身体的、精神的に過重な業務だったと認められるかどうかが重要となります。また、業務の他に脳・心臓疾患や精神疾患の原因となる事情がなかったかどうかや、過重な業務があった時期と疾患の発症時期が近いかどうかも重要な問題となります。


過労死についてお悩みの方は、ぜひお気軽に当事務所にご相談ください。