*交通事故による労働災害とは

交通事故による労働災害とは、通勤中や出張中、運搬等の業務の最中に交通事故にあうなど、就労中に遭遇した交通事故のことです。交通事故は、加害者の加入する自賠責保険や任意保険会社から損害賠償されるため、労災保険との兼ね合いが問題となります。交通事故の場合にも、労災保険制度は適用されますが、労災保険から給付を受けた分については、自賠責保険及び任意保険会社からの損害賠償を受けることはできません。また逆に、自賠責保険等から先に損害賠償として治療費及び休業損害を受け取っていれば、労災保険からの給付は受けられなくなります。ただし、労災保険から給付される特別支給金は、自賠責保険等から休業損害を受け取っていても請求することができます。

*交通事故による労働災害で適切な補償を受けよう

就労中に交通事故にあった場合には、労働災害として労災保険から一定の給付を受けることができます。一方で、加害者の加入している自賠責保険や任意保険会社から損害賠償を受け取ることもできます。会社や労働基準監督署から「交通事故だから自賠責保険しか使えない」などと言われる場合がありますが、そのようなことはありません。ただし、二重に受け取ることはできません。


交通事故による労働災害で主に問題となるのは、労災保険と自賠責保険のどちらを先に請求するかということです。交通事故の過失割合、治療費の額及び今後の治療計画の見通し、休業期間の長さ、後遺障害の等級、保険会社の支払限度額等により、二つの制度でそれぞれ受け取ることの出来る金額が異なるため、どちらを先に請求するべきかは個々の事案によって検討する必要があります。


交通事故による労働災害について争っているような場合は、ぜひ一度、当事務所へご相談ください。