*退職勧奨・退職強制とは

退職勧奨・退職強制とは、会社が労働者に対して、労働者が自ら退職するよう働きかけることをいいます。働きかけの方法としては、何度も長時間にわたり退職するよう説得する、退職しなければ解雇するなどと言って脅す、嫌がらせをして退職に追い込むなどが挙げられます。

*退職勧奨・退職強制を解決しよう

退職勧奨・退職強制をされた場合には、その場ですぐに「退職します」などと答えずに、「専門家に相談します」などと言って、答えを保留しておくことが重要です。そのうえで、会社に対して退職勧奨・退職強制することをやめさせる必要があります。退職するかどうかの選択権は労働者にありますから、退職しないことを理由として会社が労働者に対して解雇や降格、減給などの不利益を与えることはできません。


退職勧奨・退職強制をされた場合には、その場ですぐに「退職します」などと答えずに、「専門家に相談します」などと言って、答えを保留しておくことが重要です。そのうえで、会社に対して退職勧奨・退職強制することをやめさせる必要があります。退職するかどうかの選択権は労働者にありますから、退職しないことを理由として会社が労働者に対して解雇や降格、減給などの不利益を与えることはできません。


また退職勧奨・退職強制をされたために「退職します」などと答えてしまった場合でも、その意思表示が無効だとして、争える可能性があります。この場合には、退職勧奨・退職強制がされたことを立証する必要があるため、退職勧奨・退職強制がされたことの証拠を集めることが重要となります。証拠としては、退職勧奨・退職強制されたことの録音・録画データ、文書やメールが有力です。また、いつ・どこで・誰に・何をされたかを具体的に細かく記録した日記やメモ、同僚の証言も証拠となる場合があります。


また退職勧奨・退職強制の方法がひどいものであった場合には、会社に対して慰謝料を請求することもできます。この場合にも、退職勧奨・退職強制がされたことを立証する必要があります。


退職勧奨・退職強制をされているような場合は、ぜひお早目に当事務所へご相談ください。