*雇止めとは

雇止めとは、労働期間の定めがある非正規雇用の労働者に対して、期間満了をもって契約を終了し、契約の更新をしないことをいいます。労働期間の定めがある雇用契約を有期雇用契約といいますが、有期雇用契約は、原則としては期間の満了により終了する契約であるため、更新するかどうかは会社の自由とされています。しかし、一定の場合には、更新拒絶することに相当の理由がない限り、更新拒絶は許されず、雇用契約は従来と同一の条件で更新されたものとみなされます。そのため、有期雇用契約であっても、期間が満了したからといって自由に契約を打ち切ることができない場合もあります。

*雇止めを解決しよう

雇止めが許されず、自由に契約を打ち切ることができない場合とは、その有期雇用契約が期限の定めのない労働契約の場合と実質的に異ならないといえること、または、契約更新を期待することに合理的な理由があるといえることのどちらかに当たる場合です。この2つのどちらかに当たる場合は、会社は、更新拒絶することについての合理的理由及び相当性がない限り、契約を打ち切ることができません。


自由に契約を打ち切れない場合にあたるかどうかの判断、及び、会社に更新拒絶の合理的理由や相当性があることの判断は、有期雇用契約の目的、正社員との業務の違い、その会社の契約更新の全体的な運用、更新手続の時期や方法が適切であるかどうか、その労働者のこれまで更新された回数、雇用期間、雇用契約する際に会社から更新するという説明があったか否か、更新の条件、その労働者の勤務実態などから客観的、総合的に検討されます。


雇止めや、派遣切りについて悩んでいる方は、一度当事務所にご相談ください。