*残業代とは

残業代とは、一般的には時間外労働に対する賃金のことをいいます。時間外労働とは、労働契約で決められた労働時間以上に労働することです。これに休日勤務や深夜労働(午後10時から午前5時での労働)に対する割増賃金のことを含める場合もあります。


時間外労働のうち、法律に定められた時間を超えた部分の労働については割増賃金が請求できます。法律に定められた時間とは、原則として1日8時間、週40時間です。

*残業代の未払いを解決しよう

残業代を請求するためには残業代を計算する必要があり、そのためには雇用契約で定められた労働時間と、実際に働いた時間をそれぞれ計算することが必要となります。


残業代請求では、実際に働いた時間をどのように立証するかが重要になります。実際に働いた時間でタイムカードを打刻していた場合には、あまり問題にはなりませんが、タイムカードを労働の途中で打刻していた場合や、タイムカードがない場合には、他に実際に働いた時間を証明する客観的な資料がないかを検討することになります。たとえば、会社で使用しているパソコンの使用履歴や仕事上のメールの送信記録などです。


他に残業代請求で問題となるのは、朝礼やミーティング、手待時間や仮眠時間、明示の指示がなく行う残業などで、それらの労働時間が、賃金の発生する労働時間にあたるかどうかです。このような場合、「使用者の指揮監督下におかれていた」ことが認められる必要があり、業務の内容や会社側の指示などの客観的な事情を総合的に検討していくことになります。


残業代をめぐっては、他にも、「管理職だから、残業代は発生しない」と言われるケースや、「基本給に残業代が含まれているから、それ以上の残業代は出ない」と言われるケースが問題となります。これらの場合でも、個別の事情を検討することで、残業代を請求できる場合があります。


さらに、「変形労働時間制を採用しているから」「フレックスタイム制だから」として、時間外手当は出ないと言われるケースもありますが、変形労働時間制やフレックスタイム制だからといって、必ずしも時間外手当が発生しないわけではありませんから、個別の事情によっては、残業代が請求できる場合があります。


残業代について争っているような場合は、ぜひ一度、当事務所へご相談ください。