質問

 未払い賃金には時効はありますか?

回答

あります。2年です(労基法115条)。

質問

 半年前に一方的に給与を下げられたのですが、その分を請求することはできますか?
 
 

回答

できます。

労働者の同意なく一方的に賃金を減額することは原則的にできません。一方的に減額しても通常は無効なので、減額された分の差額を請求できます。

質問

 会社に退職金規定がない場合には退職金はもらえないのですか?
 
 

回答

原則的にはもらえません。

質問

 退職金は必ずもらえるものですか?どのような場合に退職金がもらえますか?
 
 

回答

退職金は必ずもらえるわけではありません。

退職金制度を設けるか設けないかは使用者の自由なので、退職金制度がない場合にはもらえませんし、退職金制度があっても、その制度に定めた退職金支給の条件を満たさない場合にはもらえません。退職金制度があると認められるためには、基本的には就業規則または雇用契約において退職金制度が規定されている必要があります。ただし、明文の規定がない場合でも、退職金制度が労使慣行として確立している場合には、退職金請求が認められる可能性があります。

質問

 退職金に時効はありますか?
 
 

回答

あります。退職金の時効は5年です(労基法115条)。

質問

 会社に退職金規定がない場合には退職金はもらえないのですか?

回答

2つ前の質問で書いたとおり、原則的にはもらえません。